ルアーを使うメリットとは?

海でルアーを使ったらどんな魚が釣れてどんな釣り方があるか!

ルアーは魚のエサを真似て作った人工的な疑似餌で、海でこの疑似餌を利用して釣りをすると、小魚などを食べる魚が釣れるようになります。
日本近海で釣れる主な魚には、スズキやマグロ、シイラなどがあります。
マグロやシイラなどは陸から離れた場所に居る事が多くて、トローリングなどを利用して、疑似餌で釣る方法がよく用いられています。
海上に鳥の群れが沢山いる場所には小魚が沢山集まっている可能性が高いので、絶好の釣りのポイントになります。
そのポイントに向けてトローリングの船を走らせて、疑似餌を泳がせればシイラやマグロが釣れるようになります。
マグロの中でもカジキマグロはとても釣った時の勢いが良いので、よくトローリングの獲物として利用されています。
中には何十キロものカジキマグロもいるので、釣り上げるまではリールのドラッグを調整してスポーツをするように力がいります。
船の近辺まで釣り上げた場合は、フックを利用して魚のエラにかけて船の上まで持ち上げるようにします。

海釣りでの必須アイテム!大きなサイズのルアー

ルアーの中にはとても大きなサイズのものがあります。
こうした大きなサイズのルアーは、海釣りをするときには重宝します。
小型の魚では咥え込むことができませんから、自動的に大きな魚だけが引っかかってくれるわけです。
小さな魚ばかりが釣れて大物が釣れないという場合には、大きめサイズのルアーを使ってみるのが釣りのセオリーです。
人工的に作られた疑似餌であって、さまざまなメリットがあるのが特徴です。
まず、生餌のように腐ることがありませんし、形が崩れてしまうこともありません。
海の中できちんといつまでも形を保ってくれるので、長時間竿を垂らしていても魚が釣れます。
さらに、針もしっかりしているので、一度かかったらバレにくいです。
大物との格闘の間にばらしてしまうことはよくありますが、ちゃんと返しのついた針が複数ついているものなら、まずバレることはないでしょう。
ですから、大物と一時間以上バトルを繰り広げることも可能です。

注目サイト

不用品回収を横浜で依頼

2018/11/2 更新

Copyright (C)2015 Lure Fishing. All Right Reserved.