ルアーを使うメリットとは?

ルアーの人気サイクルについて

さて今のご時世餌釣りでしか釣らなかった魚までルアーで釣る時代です。
◯◯専用ルアー!これにはこれ!あの魚にはこれじゃないとなどでメーカー側も必死です。
流行り廃りは必ずあるものですし、皆が一斉に使うんですから魚がスレて口を使わなくなるのも頷けると思います。
去年あんなに入れ食いだったのに全然…よくある話です。
釣れなくなったら捨てるとか売ってしまうと言うのは非常にもったいない話です。
実は釣れないのは単に一時的に魚が飽きてしまい偽物と見破ってしまっているだけでその製品自体に問題点はありません。
その証拠に誰もアタリすらない状況下でなぜか一人だけジャンジャン釣れているその人の付けているのは懐かしいそんなのよく持っていたねと言うルアーを付けていたりします。
今は誰も振り向きもしなくなったが魚が忘れた頃にもう一度使い釣れるので今風にリニューアルされているものも実在します。
つまり一時の人気や流行りで買ってきて使っていたものはもう釣りは絶対にしないと決めるその日まで大切に、保管すべきだと思います。
プロでもない限り家から溢れるほど持っているかたはそうそういないでしょう。
今使っているのもいつかは釣れなくなります。
ですが、またあの爆釣劇がいつか来ると信じることです。

ルアーなら虫が苦手な女子にも使える!

魚釣りをするときには、従来は虫を餌にするしかありませんでした。
しかし、工業が発達してルアーという疑似餌が広く一般に売り出されたことによって、虫に触るのが苦手な人にでも釣りが楽しめるようになったのです。
女子のなかには虫が苦手な人が多いですから、近年の釣りブームの一端をこのルアーは担っていると言って間違いはないでしょう。
ルアーは小さなものから大きなものまでいろいろと種類があって、その数は数万種類にも及びます。
どういった場所でどういった魚を釣るのかによって、細かくタイプを変更していく必要がありますが、その点も釣りの面白さだと言えるのではないでしょうか。
見た目が美しいものも多く、単純にコレクションをして楽しむこともできます。
一つ一つが特徴的な形をしていて、流体力学的によく考えられていて、水の中で本物の魚のように動くタイプのものもあります。
また、水に浮いて水面をはねさせるタイプのものもあり、使い分けは慣れないと難しいかもしれません。
一般的な釣具店に行けば、簡単に手に入れることができます。
ただ、一つ千円を超えることも珍しくありませんから、紛失などをしないように気をつけて取り扱う必要があるでしょう。

Favorite

千疋屋
ハワイで撮るビーチフォトを予約
パーソナルトレーニング 広島

2018/5/1 更新

Copyright (C)2015 Lure Fishing. All Right Reserved.